らいん かみまち おおさか しゅふ ふりん とうこう

であいおうえんさいとをつかっているひとたちにといかけてみると、ほぼほぼのひとはしゅふ、ひとはだこいしいというだけで、らいんごくたんきかんのかんけいをもつことができればべつにかまわないというみかたでであいけいさいとにとうろくしています。
いいかえると、かみまちきゃばくらにいくりょうきんももったいなくてふりん、ふうぞくにかけるおかねもはらいたくないからおおさか、おかねがひつようないであいけいさいとで、らいん「つかまえた」じょせいでおとくにまにあわせよう、とうこうとおもうだんせいがであいけいさいとをつかっているのです。
かたや、じょせいじんえいではまったくことなるすたんすをひたかくしにしています。
「あいてがじゅくねんでもいいから、なんでもしてくれるかれしがほしい。であいけいをやっているおじさんはかくじつにもてないひとだからかみまち、ちゅうのげていどのじょせいでもおもいどおりにこんとろーるできるようになるにきまってる!ひょっとしたら、おおさかかっこいいひとがいるかも、ちゅうねんぶとりとかはむりだけど、しゅふいけめんだったらつきあいたいな。おおよそ、かみまちじょせいはこのようにかんがえています。

夏は出会いの季節!らいん かみまち おおさか しゅふ ふりん とうこうに学ぶ出会いテクニック

つまるところ、じょせいはだんせいのみてくれかみついでくれることがめあてですししゅふ、だんせいは「てごろなねだんのじょせい」をもとめてであいけいさいとをはたらかせているのです。
どちらにしろ、ふりんできるだけおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをのぞんでいるようなものです。
そうやってふりん、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、らいんおとこはおんなを「もの」としてみるようになり、とうこうおんなたちもみずからを「もの」としてあつかうようにてんじていってしまうのです。

この出会いはらいん かみまち おおさか しゅふ ふりん とうこうが起きました

であいけいさいとのゆーざーのけんかいというのは、とうこうじんわりとおんなをひとではなく「もの」にしていくようなきょうきてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事