せふれ ぼしゅう なごや てれほんせっくす おんせい

ひっしゃ「さいしょにですね、ぜんいんがであいけいさいとできめたとっかかりをじゅんじょよくきいていきたいとおもいます。
いんたびゅーにきょうりょくしてくれるのは、こうこうちゅうたいご、せふれごねんまびきこもったままだというA、てんばいでもうけようととりくみをつづけるB、ちいさなぷろだくしょんでしどうをうけながらせふれ、ゆくゆくはあくしょんはいゆうになるというC、あくせすしたことのないであいけいさいとはないとじまんげな、てぃっしゅくばりたんとうのDてれほんせっくす、ほかにもぼしゅう、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
AさんからEさんまでじゅうだいのぜんはんです。

近々、せふれ ぼしゅう なごや てれほんせっくす おんせいでは女性心理を考えよう!

A(ふだんはじしつからでない)「おれはしごともなにもしてないんですけど、ねっとをつかっていたら、すごいきれいなこがいて、むこうからこんたくととってくれててれほんせっくす、そのご、あるさいとのIDをつくったらおんせい、めあどおしえるっていわれてかいいんとうろくしたんです。そしたらそのこからめーるのへんじがこなくなったんです。けど、ほかにもかわいいひといたので。」
B(てんばいにちょうせんちゅう)「さいしょのほうはやっぱりじぶんもめーるのそうじゅしんをくりかえしてました。みためでひかれてむちゅうになりましたね。したしくなりたいとおもって、あかうんとげっとしました。そのさいとってのがおんせい、きかいとかぎょうしゃのぱたーんがおおくてじょせいかいいんもちゃんといたので、おんせいそのままちゃんとつかいつづけています。
C(はいゆうしぼう)「わたしはというとぼしゅう、やくのひきだしをつくるのにいいかとつかうようになったんです。であいけいさいとがさんざんあくようするやくをもらって、てれほんせっくすそれでじぶんでもはまりました」
D(あるばいと)「ぼくにかんしてはぼしゅう、ゆうじんではまっているひとがいて、すすめられてはじめたっていうかんじです」

難しいせふれ ぼしゅう なごや てれほんせっくす おんせいで出会いを実現する!

くわえて、なごや5にんめのEさん。
このひとなんですが、おかまだったので、なごやしょうじきいってさんこうにはならないかと。

関連記事