すまーとふぉん であいけいあぷり うつのみやてれくら

であいけいをよくつかうというひとたちはつまりすまーとふぉん、つねにこどくをかんじているにんげんで、だれがあいてであったとしても、うつのみやてれくらにんげんかんけいをきずくということにいみをかんじないというようなていかんてきなみかたをしています。
よくであいけいさいとをつかっているというようなひとは、れんあいにいたるよりもまえのだんかいで、せいちょうかていであいじょうをうけることがなかったり、いっぱんてきなゆうじんかんけいももつことができないというせいかくであるけいこうがあります。
そういうひとにきょうつうしているのは、そばからみれば、なにのへんてつもないひとでありすまーとふぉん、なんのなやみももっていないようにみえるいんしょうですが、なかみをみてみるとそうでもないようです。

すまーとふぉん であいけいあぷり うつのみやてれくらはコンテンツたくさん!

そもそものにんげんかんけいをおそれるというのがさいしょのはんのうで、かていのなかでも、うつのみやてれくらゆうじんとのつながりであっても、おなじしごとをするひととのかんけいも、こいびとというあいだがらであっても、ながつづきさせるというはっそうがまずなく、であいけいあぷりかこにじぶんにおこったことからいせいにたいしてもきょうみをもたないようにしている、というかんじのじんせいをおくったひとがほとんどなのです。
そんなせいかくであるひとたちのおもいとして、であいけいというくうかんはきらくにすごせるところなのです。
さいとをつうじたかんけいは、ながつづきしないのがほとんどだからです。
まずもって、そのばかぎりのあいてというかんけいしかこうちくできないのですまーとふぉん、あとくされもなくであいけいあぷり、じぶんのもくてきだけはたせればそこからなにかをもとめることもありません。

楽しみ方はすまーとふぉん であいけいあぷり うつのみやてれくらへの欲求

であいけいでいせいとのであいにのめりこんでしまうひとはであいけいあぷり、にんげんとしてのあいてとのかんけいをべつせかいのはなしとおもっているひとで、かりにしんらいできるひとをみつけられれば、であいけいというものからははなれていくことができるようです。

関連記事