じゅくじょのみりょく がいじん ながさきいえでしょうじょとであうには

であいけいをしようしているちゅうこうねんやわかものにといかけてみると、だいたすうのひとは、じゅくじょのみりょくさびしいというだけで、ながさきいえでしょうじょとであうにはいっしゅんでもかんけいをもつことができればそれでいいというみかたでであいけいさいとをつかっています。
つまるところながさきいえでしょうじょとであうには、きゃばくらにいくりょうきんをせつやくしたくてがいじん、ふうぞくにかけるおかねもだしたくないから、がいじんおかねのいらないであいけいさいとで、「のってきた」じょせいでやすあがりでまにあわせよう、ととらえるだんせいがであいけいさいとをしようしているのです。
だんせいがそうかんがえるなか、おんなのこじんえいはすこしべつのかんがえかたをひめています。
「かれしがとしうえすぎてもいいから、おかねもちでりょうりができるひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのだんせいは8わり9わりはもてないひとだから、へいきんくらいのじょせいでもいのままにできるようになるわよ!ひょっとしたら、かっこいいひとがいるかも、きもちわるいひとはむりだけど、いけめんだったらつきあいたいな。じょせいはみんなじゅくじょのみりょく、このようにかんがえています。

格好良くなったじゅくじょのみりょく がいじん ながさきいえでしょうじょとであうにはを語ります

ひらたくいえば、じょせいはだんせいのがいけんかけいざいりょくがたーげっとですし、だんせいは「あんかなじょせい」をげっとするためにであいけいさいとをかつようしているのです。
どちらにしろながさきいえでしょうじょとであうには、ただあんかにおかいものがしたくてであいをのぞんでいるようなものです。
そうやって、であいけいさいとをもちいていくほどに、おとこどもはじょせいを「もの」としてかちづけるようになりがいじん、じょせいもそんなおのれを「しょうひん」としてとりあつかうようにかんがえかたがいびつになっていくのです。

じゅくじょのみりょく がいじん ながさきいえでしょうじょとであうにはは大変です

であいけいさいとのしようしゃのけんかいというのは、かくじつにおんなをせいしんをもたない「もの」にしていくようなあぶない「かんがえかた」なのです。

関連記事