せふれしょうかい えんじょこうさいもくてきのわかづまをげっとできるばしょ

いぜんしょうかいしたきじには、「であいけいさいとでせっきょくてきだったから、あたりだとおもってあったらはんざいしゃだった」というじょせいのけいけんだんをしょうかいしましたが、じょせいもおどろきはしたものの、そのだんせいとほんとうにつきあうようになっていったのです。
とうじしゃとしてえんじょこうさいもくてきのわかづまをげっとできるばしょ、「だんせいがあやしそうで、さすがにこわくなっておそるおそるついていくことにした」ということですが、もっとくわしいはなしをきくうちに、そのじょせいもすこしはみりょくをかんじていてついていくことにしたきもちもあったのです。
おかしたかれのはんざいのないようというのも、えんじょこうさいもくてきのわかづまをげっとできるばしょそこそこはわたりのあるないふをつかってきずつけたのはじつのおやだったのですから、たんなるじこなどとはちがうとふつうはかんがえるのではないかとおもいますがせふれしょうかい、おんこうにかんじるぶぶんもあり、ふだんはそれこそしんせつなぐらいでしたから、けいかいしなくてもだいじょうぶだとおもい、つきあいがはじまることになっていったのです。
そのかのじょとだんせいのかんけいについては、たまにだんせいがあやしいこうどうをはじめたりするので、きづかれないようにいえをでて、そのあいてとはえんをきったというおわりになったのです。

最初のせふれしょうかい えんじょこうさいもくてきのわかづまをげっとできるばしょは美人すぎる

だんせいががわにいるというだけでもきょうふをかんじるようなじょうきょうで、いっしょにせいかつしていたへやから、はなしあいなどしないままできるだけいそいででていったということですが、えんじょこうさいもくてきのわかづまをげっとできるばしょふつうとはちがうふんいきをかんじたというぶぶんがいちばんのもんだいではなく、じぶんがなっとくできないとなると、ちからでなっとくさせようとするし、ぼうりょくてきなぶぶんをみせるうごきをするばあいがあるから、しだいにひつようならおかねまでわたし、おねがいされるときくしかなくなり、せふれしょうかいそのままのじょうきょうでせいかつしていたのです。

関連記事