えんじょこうさい SAITO じゅくじょ であい

さきごろのきじのなかにおいて、「であいけいさいとでけっこうもりあがったので、えんじょこうさいあうとそのあいてがはんざいしゃだった」といったけいけんをしたじょせいのはなしがありましたが、SAITOじつはそのじょせいはおどろくことにじゅくじょ、そのだんせいとふつうにこうさいをはじめることになってしまいました。
ほんにんとしては、であい「ふくそうがすでにやばそうで、おそろしさからことわれずほかになにもできなかった」とはなしていましたが、はなしをききすすんでいくと、ひかれるところもあったからわかれようとしなかったようなのです。
そのかれがどういったつみだったかというと、けっこうなながさのあるはものをつかってさしたあいてはじぶんのおやというじけんですから、もしものことをかんがえるときけんだとふつうはおもうかもしれませんが、じっさいにはなすとおんこうそうなひとで、こどもなどにはむしろやさしいぐらいだったので、じゅくじょきんちょうすることもなくなって、こうさいしてもよいだろうとおもったようです。
そのだんせいとつきあいがつづいたかというと、ときおりそのあいてがあやしげなうごきをしていたので、であいあやしまれないようにだまっていえをでて、つきあいをそのままおわりにしたというおわりになったのです。

えんじょこうさい SAITO じゅくじょ であいの印象とは

だんせいががわにいるというだけでもこわくなるようになって、それまでいっしょにせいかつしていたばしょから、はなしあいなどしないままいそいででてきたといっていましたが、ふつうとはちがうふんいきをかんじただけではすまなかったようでえんじょこうさい、ちょっとしたいいあいにでもなると、SAITOなんでもちからでのかいけつをかんがえてしまい、すごいぼうこうをするようなふんいきをありありとだすので、ようきゅうされればおかねもだすようになり、であいべつのことにかんしてもいろいろとして、しばらくはせいかつをしていったのです。

関連記事