せっくすふれんど 50 えんこう てくにっく

であいけいさいとのしすてむはなくさないからもんだいになるととうぜんであるとおもっているひとのかずがだんとつのはずなのですがであいけいのさいとはねっとのせかいからしょうめつするどころかそのかずはふえるけいこうにあります。
そのため、まだいんたーねっとのかんきょうのこわさをしらないこどもたちは、50へいきでであいけいさいとにあくせすし、てくにっくまよいこんでそのままかずかずのひがいをこうむることになってしまうのです。
ねんれいせいげんやえんこう、けいじばんりようせいげんのきせいなどせっくすふれんど、さまざまなかたちでのせいやくがあったとしてもえんこう、まだいんたーねっとわーるどは、50「おさないふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうすぺーすをもったままです。
であいけいさいとというせかいをいんたーねっとからとりのぞくためにはまずこのわかいしんにゅうしゃたちをはっせいさせないことがだいです。

要注意!せっくすふれんど 50 えんこう てくにっくを有効的に使うには

それをするためにはまずはであいけいじたいをりようさせないようにきょうかすること、そういうしつけをしていくことがであいけいさいとをぼくめつすることにつながります。
どだいから、せっくすふれんどねっとのせかいのおそろしさについてをほごしゃがこどもにおしえていくことがとうぜんにならないかぎり、えんこうおさないせだいはであいけいさいとのぎょうしゃにだまされることになります。
そのごてくにっく、だまされているとはしらないこどもたちがふえてしまえば、てくにっくさらにであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにめをつけるのです。

有名なせっくすふれんど 50 えんこう てくにっくを極める10の法則

だまされるおさないせだいをけさないかぎり50、であいけいがしょうめつすることはありません。

関連記事