さっぽろ がいこくじんであいけいねっと であいけいにんきらんきんぐ

あやしいさいとからくるめーるにはさまざまなぱたーんがあるもののであいけいにんきらんきんぐ、とくにけいかいしたいのが、さっぽろであいけいさいとにとうろくしたことをしらせるないようです。
こういったるいのめーるについていえるのは、さっぽろあかうんとをとったかどうかをとわず、がいこくじんであいけいねっとあいてに「とうろくかんりょう」をあらわすめーるをおくってきます。
とうぜん、にゅうかいすみとだまされて、りんくからさいとにとべば、そくさぎになってしまうのでめーるのぶんめんはしんじないで、ごみばこにいれるのがべすとです。

日常的なさっぽろ がいこくじんであいけいねっと であいけいにんきらんきんぐを笑ってる

ついでながらがいこくじんであいけいねっと、ぺーじにあくせすすると、「すぺしゃるぽいんとぞうてい!」とはでにせんでんしているぺーじにつながるようなしくみになっていたりします。
いってしまえば、「このさいとってみたおぼえもないけど、がいこくじんであいけいねっといちおうかくにんしてみよう」というちょっとしたきもちが、あいてのしわくどおりになるじょうきょうをまねいてしまうのです。
こういうぎょうしゃのいいかもにされたひとはすくなくなく、であいけいにんきらんきんぐぺてんにあってとふりこんでしまったこともあります。

さっぽろ がいこくじんであいけいねっと であいけいにんきらんきんぐが魅力の一つ

みおぼえのないであいけいさいとでも、ふりこんでしまえば、そのおかねはさいとをつくっているそしきのりえきになってしまうのです。
そうして、さっぽろそのもうけたぶんはけっかとしてなにもしていないしょうひしゃからおかねをまきあげるのにりようされるのです。
まんがいち、じょうきでせつめいしたようなめーるがきたとしてもすぐにごみばこへおくるのがとくさくです。

関連記事