であい ふりーめーる おおさか えん けいじばん

ついせんじつのきじにおいて、「しるきっかけがであいけいさいとだったものの、あたりだとおもってあったらはんざいしゃだった」となってしまうたいけんをしたじょせいがいましたが、じょせいもおどろきはしたものの、そのだんせいとのこうさいをすたーとさせることになったのです。
なぜかというと、おおさか「だんせいがやくざにしかみえずけいじばん、ことわることもおそろしくなりどうすればいいかわからなかった」とのはなしでしたが、もっとくわしいはなしをきくうちにけいじばん、そのじょせいもすこしはみりょくをかんじていていっしょにいってみようとかんがえたようでした。
だんせいのぜんかがどういったものかというとけいじばん、こがたのないふではなくおおきめのないふでさしたあいてもおやだったというはなしだったので、えんもしものことをかんがえるときけんだとおもうきもちがつよくなるかもしれませんが、そういったかんがえとはちがいおだやかで、ふりーめーるあいそなどもよかったものですから、ちゅういするほどではないとおもって、わかれるのではなくつきあいはじめたのです。
そのかのじょとだんせいのかんけいについては、そのあいてがしんようしづらいへんなこうどうをするので、わかればなしなどせずにでていき、もうもどらないことにしたとほんにんはいっていました。

都市伝説ではであい ふりーめーる おおさか えん けいじばん一覧

とくべつなことなどしていないのにこわさをかんじるようになり、ふりーめーるいっしょにどうせいしていたいえから、いまのうちにはなれていこうといそいででてきたといっていましたが、であいどうもふつうとはちがういあつかんがあったというだけのりゆうがもんだいではなく、ふつうにはなしあおうとおもってもおおさか、なんでもちからでのかいけつをかんがえてしまいえん、すごいぼうこうをするようなきょどうをわざわざみせるから、もとめにおうじておかねまでだしであい、べつのことにかんしてもいろいろとして、そういったじょうきょうでのせいかつをつづけていたのです。

関連記事