であい じゅくじょ なごや めるとも せふれ

であいおうえんさいとをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、であいだいたすうのひとは、ひとこいしいというそれだけのりゆうでであい、ごくたんきかんのかんけいさえきずければかまわないというとらえかたでであいけいさいとをもちいています。
つまるところ、きゃばくらにいくおかねをけちりたくて、ふうぞくにかけるりょうきんもかけたくないからであい、おかねがひつようないであいけいさいとで、「げっとした」じょせいでてごろなかかくですませよう、じゅくじょとかんがえつくちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををえらんでいるのです。
まためるとも、「じょし」がわではことなったかんがえかたをもちあわせている。
「ねんれいがはなれていてもいいからじゅくじょ、りょうりができておかねがあるひとをかれしにしたい。であいけいさいとにてをだしているおじさんはもてそうにないようなひとだから、なごやじょしりょくのないじぶんでもおもいどおりにあつかえるようになるかも!かのうせいはひくいけど、せふれいけめんのひとがいるかも、ばーこーどあたまとかはむりだけど、かおしだいではでーとしたいな。じょせいはみんな、じゅくじょこのようにかんがえています。

オカマのであい じゅくじょ なごや めるとも せふれかもしれない方法

ひらたくいえばせふれ、じょせいはだんせいのがんめんへんさちかけいざいりょくがたーげっとですし、だんせいは「てごろなねだんのじょせい」をねらいめとしてであいけいさいとをてきようしているのです。
そうほうとも、めるともできるだけやすくおかいものがしたくてであいをねがっているようなものです。
さいしゅうてきに、であいけいさいとをりようしていくほどに、せふれおとこたちはおんなを「もの」としてみるようになり、おんなもそんなおのれを「しなもの」としてとりあつかうようにまがっていってしまいます。

非日常的なであい じゅくじょ なごや めるとも せふれを見つけたよ

であいけいさいとをかつようするひとのかちかんというものはなごや、じょせいをじょじょににんげんから「もの」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事