らいん IDけんさく けいじばん くまもとぽっちゃりきっさてん

であいけいをつかうひとたちにといかけてみると、だいたすうのひとは、くまもとぽっちゃりきっさてんひとはだこいしいというりゆうで、みじかいあいだでもかんけいがきずければ、かまわないというとらえかたでであいけいさいとをかつようしています。
いってしまえば、きゃばくらにいくおかねをつかうのがいやでけいじばん、ふうぞくにかけるおかねもかけたくないから、ただでつかえるであいけいさいとでらいん、「てにいれた」じょせいでりーずなぶるにまにあわせよう、ととらえるだんせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
そんなだんせいがいるいっぽうIDけんさく、おんなのこじんえいはぜんぜんちがうかんがえかたをひそめています。
「すごくとしうえでもいいから、おかねもちでりょうりができるひとをかれしにしたい。であいけいさいとにてをだしているおじさんはほとんどがもてないひとだから、ちゅうのげていどのじぶんでもおもいのままにできるようになるとおもう…ひょっとしたら、いけめんのひとがいるかも、IDけんさくきもめんはむりだけどけいじばん、たいぷだったらでーとしたいな。じょせいはみんな、このようにかんがえています。

らいん IDけんさく けいじばん くまもとぽっちゃりきっさてんとHな関係

ひらたくいえば、じょせいはだんせいのみばえかおかねがめあてですしらいん、だんせいは「ちーぷなじょせい」をてにいれるためにであいけいさいとをうんようしているのです。
どちらともけいじばん、ただあんかにおかいものがしたくてであいをねがっているようなものです。
そのように、らいんであいけいさいとをもちいていくほどに、おとこはおんなたちを「うりもの」としてかちづけるようになりくまもとぽっちゃりきっさてん、おんなたちもそんなおのれを「しょうひん」としてあつかうようにいびつなかんがえになっていくのです。

初恋の相手がらいん IDけんさく けいじばん くまもとぽっちゃりきっさてんが家でも出来る

であいけいさいとにはまったひとのしこうというのはくまもとぽっちゃりきっさてん、じょせいをかくじつにいしのない「ぶっしつ」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事