あいちけんじょそうであい せふれ でんわ

しつもんしゃ「ひょっとして、げいのうかいでしゅぎょうをしているひとってさくらでのしゅうにゅうにたよっているひとがおおくをしめるのでしょうか?」
E(ぎょうかいじん)「はい、あいちけんじょそうであいそうですね。さくらのあるばいとって、でんわしふとひかくてきじゆうだし、せふれぼくたちみたいなでんわ、きゅうにおよびがかかるようなしょくぎょうのひとにはもとめているものなんですよ。よそくふのうのあきじかんにできるし、せふれけいけんのひとつになるし…」
C(ぼうあーてぃすと)「じんせいけいけんになるよね、でんわおんなのことしてやりとりをするのはほねがおれるけどわれわれはだんせいだから、じぶんがかけられたいことばをむこうにつたえればいいわけだしあいちけんじょそうであい、おとこのきもちがわかるわけだからあいちけんじょそうであい、おとこもかんたんにとびつくんですよね」

あいちけんじょそうであい せふれ でんわが欲しくなる

A(めんきゃばはたらきて)「いがいなはなし、じょせいがさくらをやっていてもおとこのしんりがわかってないからぶっちゃけまとはずれっすよね」
ひっしゃ「じょせいのさくらいじょうに、おとこのさくらのほうがせいせきがうえなのですか?」
D(げいのうじむしょしょぞくのだんせい)「はい、せふれそうです。ゆうしゅうなのはだいたいだんせいです。なのに、ぼくはおんなのきゃらくたーをえんじるのがにがてなんで、いっつもげきどされてます…」
E(げいにんさん)「ほんしつてきに、うそつきがのしあがるせかいですね…。おんなになりきるのがたいへんで…おれらもくろうしてます」

あいちけんじょそうであい せふれ でんわが昏睡していた

らいたー「おんなきゃらくたーをえんぎするのも、いろいろとくろうするんですね…」
じょせいきゃらくたーであるひとのどうえんじるかのとーくでもりあがるかれら。
そのなかで、あるひとことにつられて、じしょうあーてぃすとであるというCさんにこうきしんがあつまったのです。

関連記事