ひとづまとであい あいち ちかくのめるとも

であいけいさいとばかりみているようなひとは、ひとづまとであいこどくにつねになやまされていてあいち、あいてがあらわれてももはや、ひとづまとであいにんげんかんけいをきずくということにいみをかんじないというようないっぽひいたところからたにんをみています。
ひんぱんにであいけいさいとをつかっているひとにかんしては、れんあいというもんだいいぜんとして、すさんだかていでそだってきていたり、あくまでふつうのゆうじんかんけいもてにいれられないというたいぷがほとんどなのです。
そのようなひとは、きょりをとったところからみると、あいちとくにへんなところもないようにみえ、なんのなやみももっていないようにおもわれてしまうことがおおいのですがひとづまとであい、とうにんはそうはおもっていません。
そもそものにんげんかんけいをおそれたりていこうがあったりして、かぞくというつながりであっても、ちかくのめるともともだちどうしというかんけいであっても、かいしゃでのだれかとのかんけいも、あいてがこいびとであっても、ながくつづけようともせず、そういうかこのきおくをもっているのでむいしきにいせいをとおざけている、というようなおもいをもつひとがかなりのわりあいなのです。

ひとづまとであい あいち ちかくのめるともをスマートに断る方法

そんなせいしつをもつひとたちのたちばでかんがえると、であいけいのないそくというばしょはかいほうされるところなのです。
さいとをかいしてえたかんけいは、たいはんがながくつづくことがないのがきほんだからです。
ほとんどのばあい、ちかくのめるともあそびていどのかんけいしかえるにいたれないので、ひつよういじょうにかんしょうもしないので、もくてきだけがおわればかんけいもながくはつづきません。
であいけいでいせいとのであいについねっちゅうするというひとは、だれかとのまともなかんけいをとくにきたいもしておらず、ひとたびにんげんをしんようできるようになると、であいけいさいとからはすこしずつはなれていくようになるのです。

関連記事