えんじょこうさいができるさいと にゅーはーふけいじばん

このときはえんじょこうさいができるさいと、であいけいさいとのかつようしているごにんのじょせい(ひとりをのぞいてみんなじゅうだい)にしゅざいさせていただきました。
あつまってくれたのは、おっとだけではまんぞくできないA、みつまたがまだばれていないぎゃるふうのB、きゃばくらじょうとしてせいけいをたてているD、それから、げんえきじょしだいせいE。ぎんざのりふれくそろじーおみせでうけつけをたんとうしているC、
ほんとうのところ、にゅーはーふけいじばんじゅうだいじょせいごにんそろえたかったものの、いきなりきゃんせるがはいってしまい、よていへんこうしてえきのまえで「であいけいさいとについてのいんたびゅーをうけてほしい」とすうじゅうにんのじょせいにとらいして、ふしんなこえかけにもとまってくれた、じゅうだいのEさんもごにんをむかえました。
いちばんのりでひっしゃがさいしょのしつもんをするまえにはなしをはじめたのは、えんじょこうさいができるさいと3にんのだんせいをだましているBさん。

うっすらとえんじょこうさいができるさいと にゅーはーふけいじばんがマメな理由

B(じゅうだいのぎゃる)「であいけいさいとですが、「みなさんはどんなりゆうがあってつかうんですか?わたしはおかねもくてきでいまさんにんへいこうちゅうです」
たのしくてたまらないようすでおしゃべりがとまらないBさんに、あとのじょせいもふんぎりがつかないながらもじぶんのたいけんだんをかたりはじめました。
A(きこんしゃ)「わたしのばあいは、たんじゅんに、にゅーはーふけいじばんそとにもかんけいがほしくなったのがりようしはじめたんですよ。したしいゆうじんにもあうとだってわかるんですけどにゅーはーふけいじばん、それでもであいけいさいとにあくせすする。」

出会いはすぐ近くに!えんじょこうさいができるさいと にゅーはーふけいじばんが頑張れるんだ

B「いったんつかいだしたらずっとつかいますよね」
ひっしゃ「おかねめあてでであいけいさいとにろぐいんするじょせいばっかり?」
B「おかねいがいであいませんよね」
それから、みずしょうばいをしているDさんがすずしいかおで、だんせいからみるとしょうげきのじじつをうちあけました。

関連記事