であい けいじばん えろ とうろくふようせふれ ぼしゅう けいじばん

このときはえろ、ねっとじょうのこみゅにてぃをわりとしたしんでいるというごにんのじょせい(じゅうだい~じゅうだい)をいんたびゅーをおこないました。
そろっているのは、であいけっこんしているAとけいじばん、ぎゃるふうのみつまたおんなB、であいよるのおしごとをしているD,それから、とうろくふようせふれくにたちだいがくにざいせきちゅうのE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのさろんでおうたいをしているC、けいじばん
これはひみつですが、けいじばんじゅうだいじょせいをごにんでとういつしたかったんですがえろ、どたきゃんによってとうろくふようせふれ、そうそうとえきまえで「であいけいさいとにかんするしゅざいにどうこうしてほしい」となんじゅうにんものじょせいにこえをかけけいじばん、わたしのあやしいよびかけにもするーせずにいてくれた、けいじばんじゅうだいのEさんふくめごにんにしゅざいをかんこうしました。

であい けいじばん えろ とうろくふようせふれ ぼしゅう けいじばんをLook!!

かいこういちばんぼしゅう、ひっしゃよりもさきにとーくをてんかいしたのはいま3にんとへいこうしてつきあっているBさん。
じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとのことですが、であい「みなさんはなにがあってあかうんとつくるんですか?わたしはぱぱめあてでいまはさんにんATMがいます」
おもしろそうにばくろするBさんにあとのじょせいもためらいながらじぶんのけいけんをあかしはじめました。

川で見たであい けいじばん えろ とうろくふようせふれ ぼしゅう けいじばんにて相手を探した

A(きこんしゃ)「わたしにかんしては、そっちょくにいってふりんがしたくてあかうんととったんですよ。いっぱんじょうしきとしてはとうろくふようせふれ、あうとだってわかるんですけど、えろやっぱりさびしくなっちゃって。」
B「いちどつかうとやみつきになりますね」
ひっしゃ「ATMもくてきでであいけいのあかうんととろうってじょせいがたくさんいるんでしょうか?」
B「ほかにこんなにいぞんしませんよ」

オカマがであい けいじばん えろ とうろくふようせふれ ぼしゅう けいじばんはやってない

Bさんのあとに、けいじばんみずしょうばいのDさんがさらっと、ぼしゅうだんせいめせんではとてもしびあないいました。

関連記事