じゅくじょいえでけいじばん じゅくじょ くろちくび

だめだとかんじるきもちがあればそのようなだんせいとはかかわらないのにとかんがえられないところなのですがうまくいえばまじめでうたがうこころがないかのじょたちのようなおんなのひとはまちがったあいてだとわかっていてもそのあいてといっしょにいます。
なんにんかのおんなのひとがかこにぼうりょくじけんのみちづれになりしぼうしたりしているのにそのいっぽうでこのようなにゅーすからおしえをきかないじょしたちはよくないかんじをうけながしてあいてにちゅうじつにじゅうじゅんになってしまうのです。
いままでにかのじょのされた「ひがい」はたいへんなはんざいひがいですし、むろん、ほうてきにせいさいをくわえることができる「じけん」です。
けれどもであいけいさいとににゅうかいするじょせいは、じゅくじょなぜかききかんがないようで、あたりまえであればすぐにじゅんとうなきかんにうったえるようなことも、くろちくびむししてうけながしてしまうのです。

今が旬のじゅくじょいえでけいじばん じゅくじょ くろちくびの世間体

けっかてきに、ふほうこういをいったものはこんなわるいことをしてもきづかれないんだしょうにんしてもらえるならどんどんやろう」と、いいきになってであいけいさいとをくししつづけじゅくじょいえでけいじばん、ぎせいしゃをぞうふくさせつづけるのです。
「だまってゆるす」ときめてしまえば、じゅくじょいえでけいじばんおおらかなひびきがあるかもしれませんが、くろちくびそのおこないこそがくろちくび、はんざいしゃをぼうちょうさせているということをまずようにんしなければなりません。
ひがいをうけたらまよわずただちにじゅくじょ、けいさつでもただできいてくれるまどぐちでもどこでもよいのでさいしょにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事