よっきゅうふまんじゅくじょけいじばん えろおばさん

たいていのけいかいしんがあればそんなだんせいにくいつくことはないのにとかんがえてしまうところなのですがよくいえばきよらかでせんにゅうかんのないこのひとたちのようなじょしはきけんなあいてだときづいてもそのひとからはなれられなくなっています。
これまでにすうめいのじょせいがぼうりょくじけんのあおりをうけたりいのちをとられたりしているのにそれでもなおこんなにゅーすからじぶんにはおこらないというじょせいたちはふおんなようすをうけながしてあいてにいわれるがままさからえないようになってしまうのです。
かこのかのじょのくらった「ひがい」は、だれがみてもはんざいひがいですし、ごくふつうにほうてきにばっそくをかすことができる「じけん」です。
でもであいけいさいとにたちまじるおんなのひとは、よっきゅうふまんじゅくじょけいじばんどうしたことかききかんがないようで、えろおばさんいっぱんてきであればすぐにそれそうおうのきかんにうったえるようなことも、きにかけることなくうけながしてしまうのです。

「基本が大事」よっきゅうふまんじゅくじょけいじばん えろおばさんのタイプ別攻略!

けっかてきによっきゅうふまんじゅくじょけいじばん、かがいこういをいったものはこんなわるいことをしてもばくろされないんだしょうだくしてもらえるならとことんやろう」と、あいてもりょうかいしているとおもってであいけいさいとをりようしつづけ、えろおばさんひがいしゃをおおくさせつづけるのです。
「だまってゆるす」といってしまうとがまんづよいひびきがあるかもしれませんがえろおばさん、そのげんどうこそが、はんざいしゃをぞうしょくさせているということをまずわからなければなりません。
だめーじをうけたときにはさっさと、けいさつでもおかねはかからないそうだんまどぐちでもどのみちをえらんでもいいのでいっこくもはやくそうだんしてみるべきなのです。

関連記事