かみまち けいじばん とやま ひとづま であい SNS

であいけいさいとをはじめとするであいのためのこんてんつをりようするひとびとにおはなしをうかがうと、SNSおおむねのひとは、ひとづまただひとこいしいというりゆうで、つかのまのかんけいがきずければそれでいいというみかたでであいけいさいとをかつようしています。
いいかえると、きゃばくらにいくりょうきんももったいなくて、ひとづまふうぞくにかけるりょうきんもせつやくしたいから、ただのであいけいさいとで、「げっとした」おんなのこでてごろなかかくですませようSNS、とするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
またSNS、おんなのこさいどはそういなすたんすをもちあわせている。
「じゅくねんだんせいでもいいから、かみまちおかねもちでかじをしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとのほとんどのおじさんはみんなそろってもてないようなひとだから、けいじばんちょっとぶさいくなじょせいでもおもうがままにあやつれるようになるんじゃ…!かのうせいはひくいけど、いけめんのひとがいるかも、おじさんはむりだけど、かみまちかおしだいではあってもいいかな。おおよそ、とやまじょせいはこのようにかんがえています。

どの時間帯でもかみまち けいじばん とやま ひとづま であい SNSは真面目なんです

ひらたくいえば、じょせいはだんせいのがんめんへんさちかきんせんがもくてきですしとやま、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をねらってであいけいさいとをつかいまくっているのです。
だんじょとも、けいじばんただあんかにおかいものがしたくてであいをほっしているようなものです。
そのようにして、であいけいさいとをもちいていくほどに、であいおじさんたちはおんなを「しょうひん」としてとらえるようにになり、かみまちおんなもそんなおのれを「しなもの」としてとりあつかうようにかんがえかたがいびつになっていくのです。
であいけいさいとのりようしゃのしこうというのはであい、じょせいをすこしずつひとではなく「ぶっしつ」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事