ほもであいけい あいちにゅーはーふけいじばん

このたびはほもであいけい、であいけいさいとにあくせすしているじゅうだいからじゅうだいまでのじょせいにしゅざいをおこないました。
そろっているのはあいちにゅーはーふけいじばん、だんなさんがいるA、みつまたがまだばれていないぎゃるふうのBあいちにゅーはーふけいじばん、みずしょうばいでせいけいをたてるD、あとは、あいちにゅーはーふけいじばんじょしだいせいのE。ぎんざのりふれくそろじーさろんでうけつけをたんとうしているCほもであいけい、
これはおふれこですが、じゅうだいじょせいごにんへのいんたびゅーをよていしていたんですが、とうじつになってことわられたため、そうそうとえきまえで「であいけいさいとについてのしゅざいにきょうりょくしてもらえないか」となんじゅうにんかじょせいにおふぁーをして、ふしんなこえかけにもこころよくOKしてくれたほもであいけい、じゅうだいのEさんもごにんとしました。

ほもであいけい あいちにゅーはーふけいじばんは行為が及ぶ

いちばんに、ひっしゃをおさえてはなしをはじめたのは、げんざい3にんのだんせいとかんけいをもっているBさん。
B(じゅうだいのぎゃる)「であいけいさいとをりようしてるってことなんですけど、「みんなはどんなわけがあってあかうんとつくるんですか?わたしはおかねがりゆうでいまぱぱはさんにんです」
しゃあしゃあとかたるBさんに、あとのじょせいもはぎれがわるいもののじぶんのけいけんをあかしはじめました。
A(はいぐうしゃあり)「わたしのばあいは、そっちょくにいってだんないがいのひとにいだかれたいとおもったのがほったんです。せけんてきには、だれにもいえませんがであいけいさいとはやめられないですね。」

とても重要なほもであいけい あいちにゅーはーふけいじばんのサークル

B「いちどあくせすするとすっかりたよっちゃいますよね」
ひっしゃ「おかねがほしくてであいけいをあさるおんなのひとがおおいってことですか?
B「おかねいがいでやらないですよね」
Bさんのからくちこめんとにはんのうして、ほすてすのDさんがわるぎもなく、だんせいてきにはうけいれがたいことをばくろしました。

関連記事