せふれ ひろしまし てれくら あおもり

であいけいさいとのそんざいはなくさないからよのためにならないとかんがえているひとのかずがだんぜんおおいはずなのですがであいをていきょうしているさいとはねっとのせかいからきえさるどころかぞうしょくしているけいこうにあります。
そのため、まだいんたーねっとというもののきょうふをしらないこどもたちはあおもり、かんたんにであいけいさいとのせかいにあくせすし、せふれまよいこんでそのままどうとくをはずれたひがいしゃになってしまうのです。
ねんれいせいげんのかくにんや、けいじばんりようのかくにんなど、せふれかずかずのせいやくがあったとしてもあおもり、まだまだいんたーねっとのかんきょうは、「こどものふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうすきまをもったままです。
であいけいさいとというくうかんをねっとからきりすてるためにはまずこのちいさなしんにゅうしゃたちをはっせいさせないことがひつようなのです。

せふれ ひろしまし てれくら あおもりでモテる女性がやっていること

それをじつげんするためにはてれくら、まずはであいけいそのものをりようできないようにしていくこと、ひろしましそういうしどうをおとながしてくことがであいけいさいとのこんぜつにつながります。
きほんてきには、せふれねっとのなかのせかいのきょうふについてをりょうしんがこどもにおしえていくことがじょうしきにならないかぎり、てれくらおさないせだいはであいけいぎょうしゃにだまされつづけみちをあやまることになります。
また、そのじょうたいがつづけば、ひろしましだまされているとはわからないみせいねんがふえてしまえばてれくら、さらにであいけいさいとぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにつけこんでいくのです。
だまされてしまうひとをけさないかぎり、であいけいさいとがぼくめつすることはありません。

関連記事