ふりんせっくすともだちもとむ ぷちいえでしょうじょ

このまえのきじのなかではふりんせっくすともだちもとむ、「であいけいさいとでよいかんじだとおもったので、あってみたらそのおとこははんざいしゃでした」というけいけんをしたじょせいがいましたが、おどろくことにこのじょせいは、そのだんせいとわかれずにつきあってしまったのです。
どうしてかというと、「ふんいきがやくざっぽくて、ことわるとどうなるかわからずそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが、さらにくわしくきいてみると、ふつうのひとにはないぶぶんをかんじてそのままかんけいをつづけようとおもったようです。
どのようなはんざいをかれがおかしていたかというと、せんちほどのながさのはものでまさにじぶんのおやをさしたものだったので、きけんにおもうのもおかしなことではないとふつうはおもうかもしれませんが、ぷちいえでしょうじょおしゃべりをしたかんじはそうではなく、こどもやじょせいにたいしてはしんせつなぶぶんもあったため、わるいひととはおもわなくなり、おたがいにこいびととしておもうようになったのです。

夏だ!出会いだ!ふりんせっくすともだちもとむ ぷちいえでしょうじょで男子と出会う

そのままうまくかんけいがつづいたかというと、そのあいてがしんようしづらいへんなこうどうをするので、そうだんするようなこともなくいえをでて、つきあいをそのままおわりにしたということでした。
もうふたりだけでいることがおちつくことができないので、どうせいしていたにもかかわらず、それこそにげだすようにきのみきのままででてきたとのことでしたが、どうもふつうとはちがういあつかんがあったというだけのりゆうがもんだいではなく、ふりんせっくすともだちもとむいけんがあわないとなると、すぐにちからにまかせるなどぷちいえでしょうじょ、すさまじいぼうりょくをふるうかんじのしぐさをしてくるために、さいそくされるとすぐにおかねもだし、ほかにもいろいろなたのみごとをきいてふりんせっくすともだちもとむ、ずっとくらしていたというのです。

関連記事