ひとづま こんぱ もびもば さいと

いぜんしょうかいしたきじには、「であいけいさいとのなかでみつけたあいてと、ひとづまあってみたらそのおとこははんざいしゃでした」となるじょせいにかんするおはなしをしょうかいしましたが、けっきょくそのじょせいがどうしたかというと、だんせいとおわりにならずにつきあうてんかいになったのです。
そのときのじょうきょうが、さいと「だんせいがやくざにしかみえずこんぱ、ことわることがこわくなってそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが、さらにはなしをきかせてもらったところ、かのじょとしてもきょうみをもつところがありそのままかんけいをつづけようとおもったようです。
かれのはんざいのないようというのも、はわたりもけっこうながいはものをつかってじぶんのおやをさしたというものだったのですから、ひとづまきけんにおもうのもおかしなことではないとこころのなかではかんがえるばあいがあるでしょうが、こんぱおんこうにかんじるぶぶんもあり、こどもにはしんせつにするところもあり、けいかいしなくてもだいじょうぶだとおもいもびもば、こうさいがはじまっていったというはなしなのです。

ひとづま こんぱ もびもば さいとのまとめのまとめ

かのじょもさいしょはよかったようですが、たまにだんせいがあやしいこうどうをはじめたりするので、わかればなしなどせずにでていき、だんせいとはべつのみちをすすむことにしたとはなしていました。
おなじへやですごすということがすでにあんしんするひまがなくなりこんぱ、それまでのふたりでのせいかつをすてて、もんだいがおこるまえににげようとでていったというはなしなのですが、ひとづまきょうふをかんじるようなふんいきがあったというぶぶんもたしかにあったようですが、じぶんがなっとくできないとなると、かまわずてをだすなどさいと、ひどいらんぼうもきにせずするようなどうさでいかくすることがあるから、もとめにおうじておかねまでだしもびもば、たのまれたことはなにもことわれず、まいにちくらしていくじょうたいだったのです。

関連記事