かみまちけいじばんあおもり であいけいきっさおおさか

であいけいさいとについてはあることじたいがもんだいだととうぜんであるとおもっているひとのかずがとくにめだつはずなのですがであいのばとしてのさいとはいんたーねっとのせかいからなくなるどころかそのかずはぞうかしているけいこうにあります。
なので、であいけいきっさおおさかまだねっとのせかいというもののこわさをあじわったことがないこどもたちは、かんたんにであいけいさいとのいりぐちへはいりこみであいけいきっさおおさか、まよいこんでそのままいろいろなひがいをこうむることになってしまうのです。
ねんれいせいげんについてのきせいや、けいじばんりようせいげんのきせいなど、いろいろなせいやくがあったとしても、まだいんたーねっとわーるどはかみまちけいじばんあおもり、「わかいふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうすきまがあるままです。

かみまちけいじばんあおもり であいけいきっさおおさか始めました!

であいけいさいとそのものをねっとからなくすためにはまずこのりようしゃたちをはっせいさせないことをかんがえなければなりません。
それをするにはまずはであいけいそのものをりようできないしすてむをこうちくすること、そういうしどうをてっていしていくことがであいけいのくじょにつながります。
はじめからかみまちけいじばんあおもり、いんたーねっとのきほんてきなきょうふについてをおやせだいがこどもたちにおしえていくことがつうじょうにならないかぎり、かみまちけいじばんあおもりこどもたちはであいけいさいとのぎょうしゃにだまされじんせいをあやまることになります。

心配するならかみまちけいじばんあおもり であいけいきっさおおさかが出てきた

そのごもつづけば、だまされているとはきづかないわかいせだいがふえてしまえば、ますますであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにてをそめるのです。
だまされるおさないせだいをけさないかぎり、であいけいをなくすことはありません。

関連記事