らいん けいじばんかながわ いえでっこけいじばん

むりょうをうたうであいさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにはなしをきいてみると、おおむねのひとは、こどくにたえきれず、みじかいあいだでもかんけいをもつことができればべつにかまわないというとらえかたでであいけいさいとをせんたくしています。
つまりはらいん、きゃばくらにいくりょうきんももったいなくてけいじばんかながわ、ふうぞくにかけるおかねもせつやくしたいからけいじばんかながわ、おかねがかからないであいけいさいとで「ひっかかった」じょせいでおとくにすませよう、とするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
そんなだんせいがいるなか、いえでっこけいじばん「じょし」さいどはことなったすたんすをおしかくしています。
「あいてとすごくねんれいがはなれていてもいいから、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるおじさんはもてないきみばかりだから、びじんとはいえないじぶんでもてだまにとることができるようになるかも!ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、かおがわるいおとこはむりだけど、かおしだいではあいたいな。だいたいのじょせいがこのようにかんがえています。

未知の出会いを発見!らいん けいじばんかながわ いえでっこけいじばんを見ていられない

たんじゅんめいかいにいうと、けいじばんかながわじょせいはだんせいがみりょくてきであることらいん、またはけいざいりょくがめあてですし、だんせいは「おとくなじょせい」をかちとるためにであいけいさいとをはたらかせているのです。
りょうじんえいとも、なるべくおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをほしがっているようなものです。
そのように、であいけいさいとをかつようしていくほどに、おとこはじょせいを「しょうひん」としてかちづけるようになり、じょせいもじぶんじしんを「しなもの」としてあつかうようにへんかしてしまうのです。
であいけいさいとをもちいるひとのしこうというのは、いえでっこけいじばんすこしずつおんなをいしのない「もの」にしていくるいのきょうきてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事