むりょう であい ちゅうこうねん えろいぷ すかいぷ

むりょうをうたうであいさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにおはなしをうかがうと、おおかたぜんいんが、ひとはだこいしいというだけでちゅうこうねん、わずかのあいだかんけいがきずければ、すかいぷそれでいいというとらえかたでであいけいさいとをもちいています。
わかりやすくいうとであい、きゃばくらにいくりょうきんをけちりたくて、むりょうふうぞくにかけるおかねもつかいたくないから、むりょうりょうきんがはっせいしないであいけいさいとで、「のってきた」じょせいでりーずなぶるにまにあわせよう、とおもいついたちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
ぎゃくに、「じょし」じんえいではまったくことなるすたんすをおしかくしています。
「すごくとしうえのかれしでもいいから、えろいぷなんでもしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいさいとをやっているだんせいはもてそうにないようなひとだからちゅうこうねん、じょしちからぶそくのじぶんでもいのままにできるようになるかのうせいはたかいよね!おもいがけずえろいぷ、たいぷのひとにであえるかも、でぶはむりだけどすかいぷ、いけめんだったらでーとしたいな。このようにかんがえるじょせいばかりです。

ギャルが集まるむりょう であい ちゅうこうねん えろいぷ すかいぷのチェックポイント

つまり、じょせいはだんせいのみてくれかけいざいりょくがもくてきですしえろいぷ、だんせいは「やすあがりなじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをしようしているのです。
りょうじんえいとも、できるだけやすくおかいものがしたくてであいをようきゅうしているようなものです。
そしてついには、であいけいさいとをかつようしていくほどに、おじさんたちはじょせいを「もの」としてみるようになり、じょせいもそんなおのれを「しなもの」としてあつかうようにかんがえがかわってしまうのです。

小さな世界のむりょう であい ちゅうこうねん えろいぷ すかいぷは終了間近だ

であいけいさいとのゆーざーのしょけんというのは、であいじょせいをじんわりとにんげんから「もの」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事