であいかふぇ ぎゃくなん おおさか せふれ つくる

であいけいさいとというそんざいはなくしたほうがよのさだとりそうてきだとおもっているひとのかずがだんぜんおおいはずなのですがであいけいさいとそのものはねっとのせかいからまっしょうされるどころかぞうかするけいこうにあります。
このようなことから、ぎゃくなんまだいんたーねっとのせかいというもののきょうふをあじわったことがないこどもたちはせふれ、へいきでであいけいさいとへとびこみ、であいかふぇまよいこんでそのままとんでもないひがいにあうかのうせいもあるのです。
ねんれいのせいげんや、ぎゃくなんけいじばんりようきせいのかくにんなどせふれ、いろいろなかたちでのせいやくがあったとしても、おおさかまだまだいんたーねっとわーるどは、であいかふぇ「おさなくみじゅくなふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうかんきょうのままです。
であいけいというくうかんをねっとからきりすてるためにはまずこのちいさなりようしゃたちをはっせいさせないことをかんがえるひつようがあります。

業種によってはであいかふぇ ぎゃくなん おおさか せふれ つくるの7つの秘訣

それをするためにはまずはであいけいさいとそれじたいのりようさせないようにくふうすることおおさか、そういうしつけをしていくことがであいけいのげきめつにつながります。
もとより、おおさかねっとのせかいのこわさについてをほごしゃがこどもにおしえていくことがとうぜんのことにならないかぎり、であいかふぇわかいせだいはであいけいさいとのうんえいしゃたちにだまされつづけみちをあやまることになります。
そうしてそのじょうたいがつづけば、せふれだまされているときづかないみせいねんたちがふえてしまえば、ぎゃくなんなおであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにめをつけるのです。
だまされてしまうひとをけさないかぎりつくる、であいけいがなくなることはありません。

関連記事