しゅみともだちけいじばん はってんじょう たいけん じょそう

らいたー「もしかすると、たいけんげいのうのせかいでしゅぎょうをしているひとってさくらをしゅうにゅうとしているひとがおおくをしめるのでしょうか?」
E(ぼうゆうめいじん)「そうだとおもわれます。さくらのしごとってじょそう、しふとほかにくらべてゆうずうがきくし、ぼくみたいな、きゅうにしごとがまかされるようなしょくぎょうのひとにはてきしょくといえるんですよ。よめないあきじかんにできるし、じょそうきちょうなけいけんのひとつになるし…」
C(あるあーてぃすと)「けいけんになるよね、たいけんおんなとしてせっするのはひとくろうだけどじぶんたちはおとこめせんだから、じぶんのたちばからかんがえたうれしいことばをあいてにつたえればいいわけだし、だんせいのきもちがわかるわけだからしゅみともだちけいじばん、あいてもころっとひっかかりやすいんですよね」

しゅみともだちけいじばん はってんじょう たいけん じょそうを出会いの参考にする

A(めんきゃばきんむのだんせい)「よそうにかえして、おんなのこのさくらはゆーざーのしんりがわかってないからほんとうはへたっすよね」
ちょしゃ「じょせいのさくらよりしゅみともだちけいじばん、だんせいさくらのほうがむいているのですか?」
D(とあるげいのうじむしょざいせき)「はい、そうです。ゆうしゅうなのはだいたいだんせいです。といってもはってんじょう、ぼくなんかはおんなのやくをつくるのがにがてなんで、いつもめくじらをたてられてます…」
E(げいにんさん)「おわかりのとおりしゅみともだちけいじばん、ふしょうじきものがのしあがるわーるどですからね…。じょせいになりきるのがおもいのほかたいへんで…ぼくたちもくろうしてます」

選定したしゅみともだちけいじばん はってんじょう たいけん じょそうの時に実践したいこと!

らいたー「おんなのこのきゃらくたーをつくりつづけるのも、はってんじょうそうとうくろうするんですね…」
じょせいのじんかくのどのようにしてだましとおすかのとーくでもりあがるいちどう。
そんなかいわのなかで、あるこめんとをきっかけに、じしょうあーてぃすとのCさんにむけてちゅういがあつまったのです。

関連記事