むりょうでんわ えろ かみまち おおがき

ついせんじつのきじにおいて、「であいけいさいとでよいかんじだとおもったので、あうことにしたらはんざいしゃだった」というじょうきょうになるじょせいのはなしをしましたがかみまち、おどろくことにこのじょせいは、えろそのだんせいとのかんけいがしんてんしていくことになったのです。
ほんにんにはなしをきくと、「ふんいきがやくざっぽくて、きょうふをかんじてしまいついていくしかなかった」といっていましたが、じつはほかにもりゆうがあったようでおおがき、じょせいとしてもこうきしんがでてきていっしょにいってみようとかんがえたようでした。
おかしたかれのはんざいのないようというのも、こがたのないふではなくおおきめのないふできずつけたのはじつのおやだったのですから、あぶないとかんじることがあるだろうとおもうきもちがつよくなるかもしれませんが、むりょうでんわせっしたかんじはおだやかだったのでえろ、じょせいにたいしてはやさしいところもあったのでおおがき、きをゆるせるあいてだとおもってかみまち、ふつうにつきあうようになっていったとのことです。
そのごのかんけいがどうなったかというと、おおがきそのだんせいにふしんなところをかんじることがあったので、なにもいわないままいえをでて、そのあいてとはえんをきったとそのじょせいはきめたそうです。

本当に出会えるむりょうでんわ えろ かみまち おおがきでイチャイチャ

なにかへんなこうどうをしたわけでもないのにこわさをかんじるようになりえろ、だんせいとくらしていたいえから、ほんとうににげるようなじょうたいでとっぱつてきにでていくことにしたそうですがむりょうでんわ、どうやらきょうふをかんじるようになったというぶぶんがいちばんのもんだいではなく、いえばわかるようなもんだいで、てをだすほうがはやかったりむりょうでんわ、ぼうりょくでどうにかしようというきょどうをわざわざみせるから、おかねがひつようになるとわたしてしまい、おねがいされるときくしかなくなり、そのだんせいとのせいかつはつづいていたのです。

関連記事