しがのちいきべつせふれぼしゅうでんごんばん ふりん たのしい

むりょうをうたうであいさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにといかけてみると、あらかたぜんいんが、ひとこいしいというそれだけのりゆうで、みじかいあいだでもかんけいをもつことができればそれでいいというとらえかたでであいけいさいとをえらんでいます。
かんたんにいうと、きゃばくらにいくおかねをけちりたくて、ふうぞくにかけるりょうきんもけちりたいから、むりょうでつかえるであいけいさいとで、「のってきた」おんなのこでてごろなかかくですませようふりん、とおもいついたちゅうねんおとこせいがであいけいさいとをしようしているのです。
また、ふりんおんなのこたちはぜんぜんちがうすたんすをそなえています。

機能が搭載されたしがのちいきべつせふれぼしゅうでんごんばん ふりん たのしいでの本当のお話

「ねんれいがはなれていてもいいから、しがのちいきべつせふれぼしゅうでんごんばんおかねもちでりょうりができるかれしがほしい。であいけいさいとをやっているおじさんはもてそうにないようなひとだからたのしい、へいきんていどのじょせいでもてだまにとることができるようになるんじゃ…!ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、きもちわるいひとはむりだけど、しがのちいきべつせふれぼしゅうでんごんばんかおしだいではあってもいいかな。このようにかんがえるじょせいばかりです。
かみくだいていうと、じょせいはだんせいのがんめんへんさちかきんせんがたーげっとですし、しがのちいきべつせふれぼしゅうでんごんばんだんせいは「ていこすとなじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをもちいているのです。
りょうほうとも、たのしいあまりおかねがかからないおかいものがしたくてであいをさがしているようなものです。
そんなかんじで、であいけいさいとにつかいこなしていくほどに、おとこたちはおんなを「しょうひん」としてかちづけるようになりたのしい、じょせいもみずからを「しなもの」としてあつかうようにかんがえかたがへんかしてしまいます。

本当に簡単なしがのちいきべつせふれぼしゅうでんごんばん ふりん たのしいは彼氏に求める

であいけいさいとをもちいるひとのもののみかたというのは、じょじょにおんなをこころのない「ぶったい」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事