てばなしたくないおんな せんだい ひとづま けいじばん

このぜんこちらにけいさいしたきじで、「きっかけはであいけいさいとでしたが、ひとづまやったとおもっていたらはんざいしゃだった」というたいけんをされたじょせいのはなしをしましたが、じょせいがいやになるとおもうでしょうが、そのだんせいとおわるどころかつきあうことになったのです。
とうじしゃとしてせんだい、「だんせいがあやしそうで、さすがにこわくなってほかのせんたくしがなかった」といってはいますが、よりしょうさいにはなしをきいていたら、ひとづまそのじょせいもすこしはみりょくをかんじていてついていくことにしたきもちもあったのです。
どのようなはんざいをかれがおかしていたかというと、せんちほどのながさのはものでにくしんであるおやをさしたということだったそうで、きけんだとかんじてもおかしくないとかんがえるひともいるとおもいますがてばなしたくないおんな、はなしてみるとふつうのひととかわらず、ふだんはそれこそしんせつなぐらいでしたから、きんちょうしなくてももんだいないとおもい、こいびとかんけいにはってんしていったのです。
そのままうまくかんけいがつづいたかというと、けいじばんそのあいてがしんようしづらいへんなこうどうをするので、わかれるすぶりなどみせないままいえをでてせんだい、もうもどらないことにしたということでした。

てばなしたくないおんな せんだい ひとづま けいじばんを紹介中!

とくにいからせることがなくてもあっぱくかんをかんじてしまい、てばなしたくないおんなどうせいしていたにもかかわらず、おってこられてもこまるのでかくれるようにでてきたというはなしをしていましたが、どうもふつうとはちがういあつかんがあったこともほんとうのようですがほかにも、ふつうにはなしあおうとおもっても、てをあげてだまらせたりひとづま、ぼうこうをためらわないようなたいどをとることがあったから、おこづかいなどもわたすようになり、それいがいにもさまざまなことをしてけいじばん、そのじょうたいをうけいれてしまっていたのです。

関連記事