ぽいんとせいげんであいけい はちおうじ かみまち

このまえのきじのなかでは、「であいけいさいとでやりとりしていたあいてと、あうことにしたらはんざいしゃだった」というじょせいがいたはなしをだしましたが、じょせいがそのごどうしたかといえば、そのだんせいをきらうのではなくつきあうことになったのです。
そうなったのは、「だんせいのめつきがするどくてぽいんとせいげんであいけい、ことわるとどうなるかわからずそのままついていっていた」とのことでしたがはちおうじ、さらにはなしをきかせてもらったところ、ひかれるところもあったからいっしょにいくことにしたぶぶんもあったようです。
かれのはんざいのないようというのも、せんちほどのながさのはものでじぶんのおやをきずつけたというできごとだったそうで、かみまちいっしょにいてもあんしんできないたいぷだとかんがえるひともいるとおもいますが、はなしたかんじではそういったぶぶんがなく、じょせいなどへのせっしかたはもんだいもなく、きんちょうしなくてももんだいないとおもい、かんけいもほんかくてきなこうさいになっていったようです。

今だからこそいえるぽいんとせいげんであいけい はちおうじ かみまちが同性の理由

かのじょもさいしょはよかったようですが、ときどきおかしなうごきをするばあいがあったので、なにもはなしあいをせずにでていき、はちおうじかかわりをなくすことにしたということになったのです。
なにかへんなこうどうをしたわけでもないのにつねになーばすになっていたので、どうせいせいかつをおくっていましたが、じぶんかってだとおもわれてもいいのででてきたというはなしをしていましたが、ぽいんとせいげんであいけいきょうふをかんじるようなふんいきがあったこともりゆうとしてはあったようですが、いいあいだけですむようなことで、ちからのちがいをりようするようになり、かみまちはげしいぼうりょくにうったえるようなしぐさをなにかとみせるから、ぽいんとせいげんであいけいしだいにひつようならおかねまでわたし、たのまれたことはなにもことわれず、へいおんにくらそうとしていたのです。

関連記事