だんせいむりょうであいさいと ぎゃくあいじんけいやくぼしゅうけいじばん

であいをもとめるねっとのばをつかっているひとたちにといかけてみると、ほぼほぼのひとは、ひとはだこいしいというりゆうで、つかのまのかんけいがきずければそれでいいというとらえかたでであいけいさいとにはまっていってます。
いいかえるとだんせいむりょうであいさいと、きゃばくらにいくりょうきんをかけたくなくて、ぎゃくあいじんけいやくぼしゅうけいじばんふうぞくにかけるりょうきんもせつやくしたいから、ぎゃくあいじんけいやくぼしゅうけいじばんりょうきんのいらないであいけいさいとで、「げっとした」じょせいであんかにすませよう、とおもうだんせいがであいけいさいとをかつようしているのです。
そのかたわら、じょせいじんえいではぜんぜんちがうかんがえかたをしています。

アンドロイドのだんせいむりょうであいさいと ぎゃくあいじんけいやくぼしゅうけいじばんはビッチだな

「すごくとしうえのあいてでもいいから、ふくもかってくれてりょうりがおいしいかれしがほしい。であいけいさいとをやっているおじさんはみんなそろってもてないようなひとだからだんせいむりょうであいさいと、ちゅうのげていどのじぶんでもおもいどおりにこんとろーるできるようになるかのうせいはたかいよね!かのうせいはひくいけど、いけめんのひとがいるかもだんせいむりょうであいさいと、きもめんはむりだけど、いけめんだったらあいたいな。じょせいのはんすういじょうがこのようにかんがえています。
つまるところ、じょせいはだんせいのがんめんへんさちかおかねがもくてきですし、だんせいは「やすあがりなじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをやくだてているのです。
だんじょとも、できるだけやすくおかいものがしたくてであいをようきゅうしているようなものです。
そのようにして、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、おとこはおんなを「もの」としてとらえるようになり、おんなたちもじぶんじしんを「もの」としてとりあつかうようにてんじていってしまうのです。

間違っているだんせいむりょうであいさいと ぎゃくあいじんけいやくぼしゅうけいじばんの謎

であいけいさいとにはまったひとのかんがえというのは、じょせいをだんだんとにんげんから「もの」にしていくかんじのあやうい「かんがえかた」なのです。

関連記事