かごしま せっくす けいじばん しずおか せふれらいん けいじばん

「であいけいさいとにとうろくしたらあくせすしたらたいりょうのめーるがたまるようになってしまった…どうしたらこうなるの!?」と、しずおかこんわくしたおぼえのあるほうもおおいのではないでしょうか。
ひっしゃもはんせいしており、せっくすそういったけーすはかごしま、ろぐいんしたであいけいさいとが、かごしま「むいしきに」なにかしょかにわたっているかのうせいがあります。
このようにしてきするのは、かごしまであいけいさいとのかはんすうは、けいじばんさいとのぷろぐらむによってしずおか、ほかのさいとにとうさいされたじょうほうをまとめてべつのさいとにもらしているからです。
あきらかに、けいじばんこれはとうろくしゃのいしではなくせふれらいん、しらないあいだにりゅうようされてしまうばあいがほとんどなので、しょうひしゃも、こんらんしているうちにすうさいとからだいれくとめーるが

ひねくれたかごしま せっくす けいじばん しずおか せふれらいん けいじばんで盛り上がる自己紹介

それにくわえ、しずおかこういったけーすのばあい、せふれらいんたいかいすればもんだいなくなるとあまくみるひとがおおいのですが、けいじばんさいとをやめてもむいみです。
けっきょくは、せっくすたいかいもできないしくみでけいじばん、べつのところにじょうほうがりゅうしゅつしほうだいなのです。
きょひりすとにせっていしてもたいしたいみはありませんしせっくす、まだそうしんかのうなあどれすをかえて、けいじばんめーるをおくるだけなのです。
いちにちでじゅしんばこがいっぱいになるほどそうしんしてくるけーすではただちにいまのめーるあどれすをへんこうするしかうつてがないのでうっかりとうろくしないようちゅういがひつようです。

関連記事