む しゅうせい りゅっく れでぃーす せっくすふれんどぼしゅうほうほう

あたらしいであいがてにはいるばをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、りゅっくだいぶぶんのひとは、ひとはだこいしくて、ごくたんきかんのかんけいさえきずければかまわないというきもちでであいけいさいとをせんたくしています。
ようするにむ、きゃばくらにいくりょうきんをけちりたくて、せっくすふれんどぼしゅうほうほうふうぞくにかけるりょうきんもかけたくないからむ、おかねのいらないであいけいさいとで、「つれた」じょせいでやすあがりですませよう、ととらえるちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
ぎゃくに、おんなのこさいどはすこしべつのすたんすをおしかくしています。

出会いが見つかるむ しゅうせい りゅっく れでぃーす せっくすふれんどぼしゅうほうほうが人気のヒミツ5

「あいてがとしうえすぎてもいいから、しゅうせいおかねもちでかじをしてくれるかれしがほしい。であいけいなんてやってるおじさんは100%もてないひとだから、びじんじゃないじょせいでもおもうがままにあやつれるようになるんじゃないの?かのうせいはひくいけど、いけめんのひとがいるかもりゅっく、おっさんはむりだけど、たいぷだったらつきあいたいな。じょせいの100%ちかくはこのようにかんがえています。
りかいしやすいいいかただと、じょせいはだんせいのるっくすかけいざいりょくがめあてですし、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をねらいめとしてであいけいさいとをやくだてているのです。
にしゃともしゅうせい、なるべくおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをようきゅうしているようなものです。

人生においてのむ しゅうせい りゅっく れでぃーす せっくすふれんどぼしゅうほうほうの真剣さ

そしてついには、であいけいさいとをりようしていくほどに、おとこたちはじょせいを「もの」としてかちづけるようになり、せっくすふれんどぼしゅうほうほうじょせいもじしんのことをせっくすふれんどぼしゅうほうほう、「うりもの」としてみなしていくようになり、れでぃーすかんがえがかわってしまうのです。
であいけいさいとのりようしゃのあたまのなかというのは、れでぃーすじょせいをじわじわとせいしんをもたない「もの」にしていくようなあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事