かまた かみまち ねっとてれくら

であいけいさいとをはじめとするであいのためのこんてんつをりようするひとびとにはなしをきいてみると、ほとんどのひとはかまた、ひとはだこいしいというだけで、いっしゅんのかんけいがきずければかまわないというきもちでであいけいさいとをもちいています。
かんたんにいうとかみまち、きゃばくらにいくりょうきんをけちりたくて、かみまちふうぞくにかけるおかねもはらいたくないから、ただのであいけいさいとで、「てにいれた」じょせいでやすあがりですませよう、ととらえるちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををえらんでいるのです。
たほう、「じょし」じんえいではまったくことなるかんがえかたをいだいています。

秘密のかまた かみまち ねっとてれくらは栄えてる

「すごくとしうえのかれしでもいいからねっとてれくら、なんでもしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとのほとんどのおじさんは9わりがたもてないひとだから、へいきんていどのじょせいでもあやつることができるようになるわ!もしかしたらかまた、たいぷのひとがいるかも、きもいひとはむりだけど、かみまちたいぷなひとならあってもいいかな。じょせいの8わりいじょうはこのようにかんがえています。
かみくだいていうと、じょせいはだんせいのるっくすかおかねがたーげっとですし、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をてにいれるためにであいけいさいとをもちいているのです。
どちらとも、できるだけあんかにおかいものがしたくてであいをさがしているようなものです。

恋愛観が変わるかまた かみまち ねっとてれくらは何番目なのか?

けっかてきに、であいけいさいとをしようしていくほどに、おじさんたちはじょせいを「しなもの」としてみるようになりねっとてれくら、おんなたちもそんなおのれを「しなもの」としてとりあつかうようにかんがえかたがへんかしてしまいます。
であいけいさいとのつかいてのかんじかたというのは、じんわりとおんなをひとではなく「ぶっしつ」にしていくぶるいのきけんな「かんがえかた」なのです。

関連記事