ぽちゃり であい であい むりょう えろ

ぜんかいしょうかいしたはなしのなかでは、「であいけいさいとでなかよくなり、ちょくせつあうことにしたらはんざいしゃだった」というけいけんをしたじょせいがいましたが、であいじょせいもおどろきはしたもののであい、そのだんせいとわかれずにつきあってしまったのです。
じょせいのきもちは、「なにかありそうなだんせいで、むりょうことわれないかんじがしてひとまずついていっただけ」とのはなしだったのですがであい、じっくりとじょせいにはなしをきいたら、かのじょもみりょくをかんじるぶぶんがありそこでおわりにしなかったようでした。
ぜんかがあるというはなしですが、おおぶりともいえるながさのはものでほんとうのおやをさしているわけですから、ぽちゃりきけんだとかんがえるのがとうぜんかもしれないとおもうばあいもあるでしょうが、おしゃべりをしたかんじはそうではなく、えろこどもなどにはやさしいぐらいでしたからえろ、わるいひととはおもわなくなり、ぽちゃりつきあうことになったということでした。
そのかのじょとだんせいのかんけいについては、やはりだんせいのことがあやしくおもえるときがあったので、きづかれないようにいえをでて、であいそのままかんけいをおわりにしたというけつまつなのです。

ぽちゃり であい であい むりょう えろからの一言

もうふたりだけでいることがきがやすまることがなく、いっしょにどうせいしていたいえから、えろとうぼうするかのようにできるだけいそいででていったということですが、みためやふんいきのこわさがあったこともりゆうとしてはあったようですがむりょう、おたがいにいいあらそうことになると、ちからでかいけつしようとするなど、ぼうりょくだってへいきだというようなそぶりをわざとみせてくるので、けっかてきにおかねもすぐにわたすようになり、たのまれればほかのこともやってあげて、ずっとくらしていたというのです。

関連記事