にいがたしせふれけいじばん らぶちゃっとせっくす

さきごろのきじのなかにおいて、「であいけいさいとのなかでみつけたあいてと、あったらなんとはんざいしゃだといいだした」というたいけんをされたじょせいのはなしをしましたがらぶちゃっとせっくす、このじょせいがどんなこうどうをしたかというと、だんせいとのであいがこうさいにしんてんすることになってしまいました。
どうしてかというと、「ふんいきがやくざっぽくて、おそろしさからことわれずほかのせんたくしがなかった」といってはいますが、じっくりとじょせいにはなしをきいたら、かのじょとしてもきょうみをもつところがありことわらなかったところがあったのです。
ぜんかがあるというはなしですが、にいがたしせふれけいじばんふつうはもっていないようなおおきめのはものでじつのおやをきずつけてしまったということだったので、ふかこうりょくなどではなかったとおもってもしかたがないでしょうが、らぶちゃっとせっくすじっさいはおだやかにかんじたようで、こどもなどにはやさしいぐらいでしたから、けいかいしんもゆるんでいき、おたがいにこいびととしておもうようになったのです。
そのごもうまくいけばいいのですが、だんせいにおかしなこうどうをするばあいがあったので、だまったままなにもいわずにでていき、そのあいてとはえんをきったとそのかのじょははなしてくれたのです。

ルールに従ったにいがたしせふれけいじばん らぶちゃっとせっくすでの男性の行動

だんせいががわにいるというだけでもこわくなるようになって、それまでいっしょにせいかつしていたばしょから、もんだいがおこるまえににげようとにもつもかんたんなものだけででてきたとのはなしですが、どうもなにもないがただこわかったのもたしかなようですがそれいがいにも、いけんがあわないとなると、てをだすほうがはやかったり、ぼうりょくでどうにかしようというどうさでいかくすることがあるから、ようきゅうされればおかねもだすようになり、にいがたしせふれけいじばんほかにもいろいろなたのみごとをきいて、そのじょうたいをうけいれてしまっていたのです。

関連記事