わりきりであいけいじばん てれふぉんせっくす とうろくふよう

きがるにであいえるさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにといかけてみると、ほとんどのひとは、さびしいというだけで、わずかのあいだかんけいをもつことができればそれでいいというとらえかたでであいけいさいとをつかっています。
ようするに、きゃばくらにいくりょうきんをかけたくなくて、ふうぞくにかけるりょうきんもせつやくしたいから、ただのであいけいさいとで、「てにいれた」おんなのこでてごろなかかくでまにあわせようわりきりであいけいじばん、ととらえるだんせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
ぎゃくに、おんなのこがわはぜんぜんちがうかんがえかたをひたかくしにしています。
「かれしがとしうえすぎてもいいから、とうろくふようおかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるおじさんはかくじつにもてないひとだからてれふぉんせっくす、へいきんていどのじょせいでもあやつることができるようになるよね…ひょっとしたらわりきりであいけいじばん、たいぷのひとがいるかも、ちゅうねんおやじはむりだけど、かおしだいではあいたいな。このようにかんがえるじょせいばかりです。

わりきりであいけいじばん てれふぉんせっくす とうろくふようだらけの女子会

かんたんにいえば、てれふぉんせっくすじょせいはだんせいのみためかきんせんがもくてきですし、てれふぉんせっくすだんせいは「やすあがりなじょせい」をもとめてであいけいさいとをもちいているのです。
りょうほうとも、できるだけあんかにおかいものがしたくてであいをほしがっているようなものです。
そんなこんなでとうろくふよう、であいけいさいとをかつようしていくほどにわりきりであいけいじばん、おとこどもはおんなを「うりもの」としてかちづけるようになり、おんなもみずからを「もの」としてとりあつかうようにかわっていってしまいます。

わりきりであいけいじばん てれふぉんせっくす とうろくふよう満喫しちゃいましょう!

であいけいさいとをりようするひとのしこうというのはとうろくふよう、じょせいをじんわりとにんげんから「ぶっしつ」にしていくかんじのあやうい「かんがえかた」なのです。

関連記事