じゅくじょ であい さが であい

ひっしゃ「さいしょに、ぜんいんがであいけいさいとをつかってきめたとっかかりをそれぞれいんたびゅーしたいとおもいます。
めんつはさいしゅうがくれきちゅうそつで、ごねんまびきこもったままだというA、あくせくはたらくことにはきょうみのないもののまだきどうにはのっていないB、さがちいさなげいのうぷろだくしょんでれっすんをつづけてであい、あくしょんはいゆうをしぼうしているC、であいけいさいとのすぺしゃりすとをなのる、てぃっしゅをくばっているDじゅくじょ、さいごに、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
そろってじゅうだいのぜんはんです。

じゅくじょ であい さが であいの気持ち

A(ひきこもりちゅう)「おれはふだんべやでぱそこんばかりしているんですが、さーふぃんしてたらすごくるっくすのいいこがいて、むこうからこんたくとがきて、じゅくじょそれからであい、あるさいとにゆーざーとうろくしたら、ちょくめしていいからっていわれたのでゆーざーとうろくしました。それっきりあいてとめっせーじもこなくなっちゃったんです。いうても、ほかにもかわいいひとやりとりしたので」
B(せどりに)「つかいはじめはやっぱ、じぶんもめーるしたくて。みためがすごいよくてすきでしたね。あいたくなっちゃってさいとにもとうろくしました。そのさいとについては、さくらがおおいってひょうばんだったんですが、じょせいかいいんもちゃんといたのでさが、いまでもつかいつづけています。
C(はいゆうになるくんれんちゅう)「わたしはというと、いろいろなきゃくたーをつくるのにいいかとあかうんとをとりました。であいけいさいとりようにないといきていけないようなやくにあたっていらいつかうようになりました」

じゅくじょ であい さが であいの機会を見つける方法

てぃっしゅくばりのD「ぼくなんですが、ゆうじんでつかっているひとがいてであい、かんかされてはじめたかんじですね」
わすれちゃいけない、さがとりをかざるのがEさん。
このほうにかんしてはであい、おかまですので、はっきりいって1にんだけとりたててはなすほどではないかと。

関連記事